海外FX/国内FXナビ


外国為替証拠金取引 はアドバンテージ

根本的に 、買うべきときにカレンシー を買って、売るべきときにカレンシー を売るという、チャンス を逃さない基本を重要視 することです。 ところで 順張り系の指標は、ボックス相場では意義  のあるシグナルを出しませんので、それならば 逆張り系を活用 するとよいでしょう。

何といっても トレード を躊躇なくすごく スムーズに行うには、そこそこ の損失 を許容できる気持ちがかなめ となります。 また、そもそも 順張り系であるMACDのサインがまだ 明確にでていないときは、手軽 に儲ける ことが可能なカレンシー が明確にはない様子 を意味しますので、配慮 が必要です。

極端に高め の運用だと平静を持続 するのは厳しい ですので 、NG かもしれないと思います 。 時には 減少してもよいですが、バクチ をせずにじっくりと資産をアップ させていくルールを覚えることを理想 まずは目標 としましょう。

オススメです!
http://sirius-web.com/worldfx/xm/xm-japan.html


FX の技術

リターン 、マイナス を出したらその理由を明確にし、次回の取り引き から活かしていきたいですね。 スキャルピングは常に トレード 画面に張り付くのが苦痛でない特性 を持っているかた でないと最も 困難な といえる取引 でしょう。

たいていの場合 、中長期的な為替 の予見 はファンダメンタルス分析でしかできないとされていますが、これは通例 ですね 。 閑散期には売買 量がとても 減少して市場 の変動 が突然 起こるため、駆け出しの方 は手を出さないのが英断 です。

それはそうと これは人間心理の弱み ですが、プロフィット は早く確定し損失 はなかなか確定できないのが通例 なのでしょう 。 ポジションを数日間保持 するスイングトレードでは、より大きな儲け を狙える見込み もありますからお勧め です。

一度オーダー が確定してしまったら取り消し できませんから、為替 の実態 と可能性 を把握して用心深く 戦法 を立てたいものですね。

−今日のFX用語−
アセットアプローチ
「アセットアプローチ」とは、ある時点の人々の金融資産の外貨建て比率や保有高が通貨の需給関係に影響し、外国為替相場の決定要因になるというものです。


キーワード

乖離率(移動平均乖離率)

練行足

円安

エリオット波動理論

ビッド(Bid)

マージンコール


オススメのページへ

FX のポートフォリオ
意外 な推移 に警戒
FX は優勢
FX の投資配分
FX で目標 とすること
FX の駆け出しの方

 

 

   
© Copyright